ブログ

2022 / 04 / 23
15:01

展示会

展示会

社長です。

 

昨日まで表参道にて開催しておりました合同展は

お陰様で無事終了いたしました。

多くのお客様にお越し頂いたことに感謝いたします。

 

今回は、先にご報告いたしました事情により、Toa-Knitと

青文テキスタイルの2社のみでの開催となりました。

どこか「しんみり」となってしまうのかなと思っていましたが

最初から最後まで明るく楽しい会場だったので、一安心です。

 

色々応援するかぎりは、自分も前に前に進むようにしないとね。

 

まだまだ、厳しい状況、変わりゆく環境のなかで、

できるだけ笑顔でいようと。。。思います。

 

そして、今回展示会にお越し頂いた皆様にもエネルギーを

貰っていたんだと改めて思いました。

 

明るく元気に笑っている方が、当たり前だけどいいよね。

 

画像は展示会前日、お休みを頂いて寄り道した美術館のお庭。

ちょこっと一人旅。楽しかった。

2022 / 04 / 10
10:17

盟友

盟友

社長です。

 

先日、生地加工でお世話になっている、新潟県の吉田整理で

火災があり、結果、メインの第一工場が全焼してしまうという事故が

ありました。

 

また、延焼で隣接する会社さんも全焼してしまったとのこと。

本当にお気の毒だと思います。面識はありませんが、心からお見舞い申し上げます。

 

幸い人的な被害は無いとのことでしたが、失ったものは大きい。

「元気を出してね」と言うも、思うも、多分そんな言葉は気休めにしかならない。

 

鎮火後しばらくして、吉田社長から電話があった。

「色々心配かけてすいません・・・」って

こっちは涙腺爆発して、何言ったんだか分かんないし、憶えてない。

ようやく、「元気出してね」しか言えんかった。結局。

 

今後、色々あるでしょうが、私は応援します。

 

人を応援するという事は、頑張っている人を応援するという事は。

その頑張っている人達よりもっと頑張らないと応援することはできない。

そういうことらしい。

 

なので、俺は、生地の仕事、これからの仕事頑張ります。

吉田整理が再建できた時に、加工の仕事を沢山依頼できるように。

応援します。応援できるように頑張ります。

 

今月20日から開催予定だった合同展は、通常開催します。

 

画像は、大阪で満開だったサクラ。

 

2022 / 03 / 22
08:17

あと一か月

あと一か月

社長です。

 

23S/Sの展示会まであと一か月。

今年も表参道ネスパスにて04/20.21.22の3日間で開催します。

20日は13:00-18:00

21日は10:30-18:00

22日は10:30-17:00  イレギュラーなのでご注意ください。

 

ぼちぼち新作も上がってきています。いい感じになってると思います。

 

やっぱS/Sなんでコットン主体でカラフルとシンプル。。

まとめてカラプル! なんつってww

 

まだまだ。これからも。ずっと。

 

写真は、オクテット(八重奏)のカラフルボーダー

SZの強撚糸8色使いなので糸乗せ大変です。

2022 / 03 / 12
14:39

I hope the Russians love their children too

社長です。

 

奪う必要のない命や物を奪う戦争。

明日は我が身だから備えろという人もいる。

どうなんだろう。正直分からない。

分からないけど、戦争は止めて欲しい。

お願いだから。やめて。

 

プーチンに「北風と太陽」の絵本を読み聞かせてあげたい。

 

核戦争にでもなったら、それこそ北斗の拳の世界観になってしまう。

やだやだ。

 

ささやかでいいから、笑って過ごせる日常を送りたい。

大多数がそう思っていると思う。

 

タイトルは、Stigの楽曲「Russians」の歌詞一部抜粋です。

 

2022 / 03 / 06
13:20

禍3回目の3月

禍3回目の3月

社長です。

 

2年前のブログを見てみたら、コロナの中、2,3年後に立っていることが

できれば、褒めてあげようと自分に向かって書いていた。

 

今、立っていることができているけど、終わっても始まってもいない。

コロナ、値上がり、戦争・・・混沌の中。

 

でも、人生をはかなむこともなく、目先の23S/S Toa-Knit Collectionに

力を入れている。

もちろん、不安な事もあるけども、心配するだけでは前には進めないし。。

 

話は変わりますが、先週平日にお休みを頂いて、母と大阪城の梅林に

行きました。日差しも暖かく、ちょっと歩くと少し汗ばむ程度でした。

平日なので、大阪城公園も混雑しておらずゆっくりできました。

 

ふと思い出した。

私の編みの師匠が、

「ワシは休みの日に、大阪城の石垣を一日中眺めてるんや。

あのお堀から、綺麗な曲線を描きながら積み上げられている石を

見とると、ワシも負けとられへんなあって思いよるんよ!」

って、言ってた。

 

当時は「へー そうなんすか」みたいな感じでしたが、先日改めて見ると

師匠のように「負けとられへん」という領域までは行かないものの、凄いと思った。

適当に石を集めたわけではなく、設計から、石の切り出し、運搬積み上げ、

補修などなど正に綿密に進めていったんだろうなと感心しました。

 

当時の技術や職人に敬意を表すと共に、独裁者という人間の恐ろしさも痛感。

逆に独裁者の圧政で技術や知識が高まるのかもしれない。

だからと言って、戦争は良くない。

必要以上に欲しがるのは、そんな人はやっぱダサいな。

 

写真は、大阪城の石垣。凄いな・・

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule