東亜ニット株式会社
〒580-0041
大阪府松原市三宅東1-9-10
TEL:072-331-1131
FAX:072-332-1471
お問い合わせ
ニュース
アーカイブ
2012/4月 スタッフブログ
桜 2012
2012/04/27
あっという間に四月も終わりです。
いつもながら時間の経つのは
過ぎてしまうと早く感じます。
ピカピカの一年生も、学校や行き帰りの道にも慣れて
友達も出来て・・・という頃かもしれないですね。

桜の満開な頃に、近所の公園で花見をして
撮った写真をUPしたかったのに
もうとっくに散ってしまって
今は緑萌える・・・のGW突入です。

東亜のGWは28~30と、あとはカレンダー通りの予定。
若干一名は恒例の?休み返上?かもしれません・・・?
2013 S/S 企画、etc...
おつかれさまです。
こういうと、疲れていません!と必ず返されるので
・・・ですが。

他社でもきっと、同じような方々がおられるとは思いますが
自愛して、少しは休養できること祈っています。

UPしそこねた桜の花
遅ればせながら、載せます。
穏やかに、来年もまた逢えるのを楽しみに。
寺尾



なぞなぞ
2012/04/20
社長です。

お気に入りのなぞなぞとかってありますか?

私は、ありました。でも、忘れていました。

昨晩、家族でなぞなぞをしていました。
昔は、友達から教わったなぞなぞを覚えて
家で話したりしていたのですが、最近は
ネットで検索、そして出題。時代ですね。

その中で、おもしろいものを見つけました。

ある国で、国際会議が開かれました。
何十カ国もの国から代表者が参加する
非常に重要な会議でした。
会議中、突然会議場の電気が消えてしまい
ました。全員、一瞬驚きましたが誰かが
「すぐに照明をつけてくれ」といいました。
すると、すぐに照明がつきました。

さて、照明をつけるように言ったのは、
どこの国の人である可能性が高いでしょうか?

私は、すぐにわかりました。

体育館
2012/04/10
社長です。

先日、中学生の娘が所属する吹奏楽部
のコンサートに行ってきました。

娘の通う中学は、私が通っていた中学校。
卒業以来でした。でも、門をくぐってみても
下足室、校庭を見ても懐かしさは感じませんでした。

でも、コンサート会場の体育館に入ったとたん
頭がジーンとするような、肩が震えるような感じ。
涙が出そうになりました。いや、半泣きでした。

目に入ったのは、バスケットゴール。
ボールの跳ねる音。シューズのキュキュという音。
顧問の先生の怒鳴り声。ホイッスルの音。
後輩達の手拍子。。。

コンサートを聴きにきたはずが、自分の部活の
音を探しに来てしまったみたいです。

単純に女子にモテようと思い入ったバスケ部。
すぐに、モテようというヨコシマな作戦は消え
上手くなりたい、試合に出たい、試合に勝ちたい。
そんなことばっかり考えるようになっていました。

・・・いつの間にか吹奏楽部の演奏が始まり
良く練習したであろう曲が次々奏でられていました。

いつかこの吹奏楽の部員達も、遠い将来に
昔の音探しをするんでしょうか?

今も昔も何も変わっていないことは、こんなこと
かもしれません。



2012/04/07
社長です。

4月4,5,6日の3日間、盟友青文テキスタイルの
展示会に行ってました。
Toa-Knitのコレクションも展示してもらいました。

3日間とも晴天で朝晩は多少冷え込むものの
日中は暖かく、ポカポカ陽気でした。

この3日間で、つぼみだった桜が一斉に咲きだした
ようで、青空に白い雲、薄ピンクのさくらに春を実感。

去年は、心痛みながら見ていた桜も、今年は、少し
マシな気分で見ていました。・・・展示会中でしたが。。。

桜を見ているとほっとしますね。リラックスできました。
気負いすぎず、自分のペースで歩こうと思いました。

新年度です
2012/04/01
社長です。

今日からToa-Knitは新年度がスタートしました。
昨年は、いつもながらスタッフの業務中の事故も
無く、大きなトラブルもなく終えることができました。

新年度にまずしなければいけないことは、売り上げや
在庫などの数字的の因果関係をはっきりさせること
です。まずこれを、できるだけ正確にさっさとやってしま
わないといけません。

数字の部分で悩みだすと、企画、開発、販促などの
メインエンジンが動かないので、後は、エンジンを
稼働させて、舵を切るだけ。

ガス欠には十分気をつけて・・・

今年度の目標は、rerunning
retryの再試行ではなく、そろそろ再実行です。

読みかけて置いていた本を堂々と続きから読むように、
諦めていた知恵の輪を、その続きから解くように、
着古したシャツにもう一度袖を通すように。

新たなチャレンジより、やり直しの方が容易いのです。
そして、やり直して空白を埋めていきたいと思います。

ふと思い出したことがあります。

私は小学生の頃、漢字テストの居残りのレギュラー
でした。

お陰でRerunningすることが、当たり前のようです。