東亜ニット株式会社
〒580-0041
大阪府松原市三宅東1-9-10
TEL:072-331-1131
FAX:072-332-1471
お問い合わせ
ニュース
アーカイブ
2011/8月 スタッフブログ
日進月歩
2011/08/23
社長です。

先日多難な開発の話を書きました。
今も奮闘中ですが、とりあえず編み機は
お客様からの依頼を受けた製品の製作に
移行して、しばらくは頭の中でのシミュレーションと
なりそうです。

振り返れば、寝ても覚めても編み地のこと
ばかり考えているような感じです。

時々「はっ!!」として、寝ていてもすぐに
会社に行って編んでみたくなるような衝動に
駆られます。

ある意味生地オタクです。
オタクでないと幅と奥行きがでないような気が
します。でも、それを熱く語ると、多分人は
引いてしまうと思います。

だから、オタク的なところはさておき、出来上がり
の商品を誉めて貰うしか結果が出せないという
厳しい状況を日々送っている次第でございます。

先日久しぶりに誉められました。

そうして、次の進化にチャレンジする気力が
生まれるのだと思います。

だから、誉めてくださいね。(笑)

糸と針
2011/08/21
社長です。

随分と更新をさぼりました。
その分仕事はさぼりませんでした。。。

Toa-Knitは相変わらず、秋冬の本生産と
’12S/Sの見本に追われている中、徐々に
ですが、’12A/WのToa-Knitコレクションへと
突入中です。ようやくです。。。

Toa-Knitにある編み機は半数がジャガード機
コンピューターで柄というか編み組織を組む編み機
です。柄と言ってしまえば、お花やチェックという
まさに「柄」というイメージが先行します。

しかし、そうした柄+編み組織を工夫すれば、
かわいらしい生地が生まれてきます。

もちろん簡単ではありません。
今も可能性はあるけれども、まだまだどうしようも
ない編み地にチャレンジ中です。

何故どうしようもないのかと言うと、編みキズです。
頭の中だけで考えるとできそうなので、試作を
繰り返していますが、キズが解消しないことには
世間に出せません。

また、例えキズが解消しても、出来栄えが
つまらなければ、これまたどうしようもないし、
単価が高すぎたり、生産効率が著しく悪かったり
する場合もあります。

今開発中の生地は、たぶん、とってもかわいい
表情で、単価はそこそこ、生産効率も良くは
無いけど、我慢できる程度かなと思っています。

ただ、あとちょっとだけのことなのに、キズが
止まりません。生地1mに20個ぐらいキズが
出てしまっているんです。。。。

笑っちゃいますが、これをクリアできる方法を
地道に考え中です。

針と糸で編む編み地。
パズルのようにピッタリと合うポイントを見つける
のが大変です。

完成すれば、また報告します。