東亜ニット株式会社
〒580-0041
大阪府松原市三宅東1-9-10
TEL:072-331-1131
FAX:072-332-1471
お問い合わせ
ニュース
アーカイブ
2010/12月 スタッフブログ
2010
2010/12/29

社長です。

昨日でToa-Knitも仕事納め。
今年も事故や災害も無く無事に年を越せそうです。

来年の課題も見えてきました。
でも、書きません。心で強く思うだけにします。

ただ、もっといろんな人とコミュニケーションを
闊達に行おうと思います。
また、編み機たちとももっとコミュニケーションを
取りたいと思います。

この子たちは、何をどこまで編めるのか。

来年はウサギ年ですが、
途中で昼寝することなく、目標を達成するために
人を踏み台にすることもしないようにしたいです。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を。


こだわり
2010/12/26
社長です。

両面選針機でしかできないもの。

Toa-Knitの編み表現としは
フリル、3Dポケット、フラフジャガード
CNS、風通、ツインズ、ガーメント
こういった商品になります。

ここに、柄、素材、加工が加わり現在の
幅広い商品が出来上がります。

今、この編み表現を考えています。
いわゆる開発です。
以前にも書きましたが、非常に地味な
作業です。休みの日に会社に出てきて
パソコンをあれこれ操作したり、雑誌を
片っぱしから見ていったり。

ちょっとパソコンの電源を切って、クレヨンで
書いてみよう。
取り敢えず、水玉柄でも書いてみよう。

こんな感じかな。
実際に生地にした画像は、来年にアップできる
と思います。

メリークリスマス
2010/12/25
社長です。

メリークリスマス。
都会には最近出ていませんが
おそらく、都会はクリスマス気分。
キラキラしたイルミネーションと買い物や
食事を楽しむ人々で賑っているのでしょう。

反省ばかりが頭をよぎる今年の総括は
また今度にして、今は街の賑いを想像しよう。

来月パリのエスモード校の会場を借りて
生地の展示会を行います。
商品は’12春夏物の企画。

輸出を目指して単独で動き出したのが
4年前。当時は170円/€の頃でした。
今は110円/€前後で為替が推移して
安定しているようですが、110円/€では
生地の値段はギリギリ通るかもしれません
が、関税やその他税金および、輸送コストを
考えると、現地のバイヤーから見れば
非常に割高な商品となるでしょう。

いつまでもアゲインストな状況が続きます。
ただ、船出した時には、嵐があることは
分かっていたので、それぞれの目的の
港には向かおうと思います。

そんな中、東亜ニットの従業員はいつも
明るいんです。
船長としては、そんな乗組員にいつも
助けられています。

メリークリスマス。

口に出すとアカン
2010/12/22
社長です。

つい先日、ブログで仕事モード全開で
体調もおかしな位それについてくる状況を
書きましたが、昨日急に頭痛や吐き気が
出てきてしまい、くじけました。

家に帰り食事を頂き、風邪薬を飲みぐっすり
休みましたので、今日は普通。

どうも私の場合口に出すと、自分の意志とは
関係ない部分から、逆に動いてしまうことが
よくあります。

例えば、ずいぶん前から休みの日に旅行に行こう
と計画すると、必ず、旅行なんて行ってる場合じゃ
ないくらい、急ぎの見本が立て込んでしまって往生
したりなんてことは、よくあります。

計画は大事だけど、あまりキチキチにしてしまったり
その時の状況をはっきりと断言してしまうと、しんどいな
と改めて思いました。

ほどほどに語ることが肝要ですね。



温故知新
2010/12/19
社長です。

新しいものを作るのに、必死のパッチで
デザインシステムと向き合っていると、
服になるための生地から大きく逸れてしまって
額縁に飾るようなものを作ろうとしてしまっている
ことが、度々あります。

店頭や雑誌、webなどで服を見ていると、その
素材はいたってシンプル。
手は込んでいてもシンプルに表現できないと
難しい素材になるだけだと思っています。

Toa-Knitの生地の場合、シンプル過ぎても
つまらないし、手が込み過ぎていても「へぇ~」
で終わることが多いので、微妙なバランスが
必要です。

今まで手が込み過ぎていて失敗した例としては、
12色以上の色を使ってジャガードを表現しました。
異素材を6種類組み合わせて生地を作りました。
こうした作り方をしたものは、結局あまり売れません
でした。

理由は、色数が多すぎると、実際に素材を使う人
たちが、色の組み合わせができなくなってしまう事
やコストが高くなりすぎて、結局本生産になったとしても
お弁当のちょっとした豪華なおかずにしかならない
からです。

ご飯やたまご焼きやかまぼこは無理としても、手羽先
だったり、シャケだったり、そのお弁当の魅力となる
ようなポジションのものでないといけないのだと思います。
もちろん、ご飯やたまご焼きやかまぼこは、大好きですが。

過去に大ヒットした商品を並べてみると、後付けですが
売れた理由が存在していました。その時代に合った理由とも
考えられます。では、現在では?と置き換えて、昔売れた
ものから、素材を現在のものに置き換えて、作ってみると
驚くことに、編み下げを見ただけで、まったくつまらないもの
ができてしまいます。で、そこで製作をやめてしまいます。

でもこれは、どうなんだろう。

自分が見てつまらないと思ってしまうと、生地を見てもらう
人も、おそらくつまらないと思うはずです。では、その良さ
を冷静に引っ張り出して自分に説明をして見ることで、
自分も面白いと思うかもしれません。

過去にやったから、ここをこう変更するとたぶんこうなる。
ということで、結果が見えてしまって、つまらなく思う習性に
なっているのだと気が付きました。

全く新しいものと、過去の手法だけど新しいこと両建てで
アンテナを張っていかねばと思いました。

体調
2010/12/16
社長です。

秋冬のサンプルづくりに追われる毎日
春夏の本生産中、見本を差し込み差し込み
製作しています。
原材料の高騰と品薄状態から気を使って
早め早めに取り組むようにしています。

そんな中、最近は異常なくらい楽しくて
仕方がありません。
日中は通常業務で現場や事務所で
あれこれやってますが、夕方の6時ごろから
新しいコレクションの製作を毎日やってます。

朝は6時ごろ出社して晩は10時ごろ退社する
生活が続いていますが、全く体が疲れません。

今までだと、現場に日中入っていたり、パソコン
相手にプログラム作りに集中していると夕方には
疲れてきてしまうのですが。。。

最近は家に帰るのもちょっと惜しいと思うことが
あります。どうなってんだろ。

古い意匠糸を引っ張り出してきたり、紡績さんから
新しいタイプの糸を買ったりしているので、当分
こういう状態が続くのかなとも思い、
また、こういう状態がストップしてしまう事が逆に
怖くなってきたりします。

殊勝に考えると、こういう状態がサンタさんからの
プレゼントなのかな?とも思います。

追悼
2010/12/12
先日取引先の会長が亡くなられ
昨日、葬儀に参列してきました。

会長とは面識もあり、訪問した際には
よく出てこられ話をさせてもらいました。
いろいろと質問をされ、答えるたびに
「うんうん」とよく聞いてくださいました。

今思うと、もっと私からも質問をして
いろいろなお話をお聞きできれば良かったと
後悔しています。

心からご冥福をお祈りいたします 合掌

冬に囲まれる
2010/12/09
社長です。

どんどん寒くなります。
仕事上毎日の気温や天候には敏感です。
でも、結構その場限り。先週の天候や気温は
まったく頭に残っていません。
ただ、暖房を入れる頻度、お風呂につかった時の
ブルっと感。ウールを温かいと思う感覚。

じわじわと冬に囲まれています。

冬には雪。
ここ大阪ではあまり積りませんが、珍しく積もると
真っ黒なアスファルトが、ほんのわずかな時間だけ
真っ白になります。

黒も赤も黄色も緑も、普通だったらクレヨンで色を
書かれるはずの白が、他の色を覆ってしまう一瞬は
きれいだと思います。

雪国の人から見れば、何を呑気なことを・・・と思われる
でしょうが、すいません。こちらでは雪は珍しいので。

ジャガードの生地の配色を考えていると、いろいろ
編んでみたい組み合わせがあります。
ただ、実際に思った色を糸立て場所につなぐまでは
かなりの時間がかかります。
いつも、そう思うならとっかえひっかえ片っ端から
試してみればいいのにと自分で思います。

なのに、あまりそういうことはしません。
一度色を決めれば、変更したとしても1色のみ。
たぶん、ものぐさなんでしょう。

製作した生地が仕上がってきて、ゲンナリした時
雪が降ってくれればいいのに、なんて思ったりする
ことにしよう。

山椒は小粒でピリリと辛い
2010/12/08
社長です。

過去に東亜ニットで働いていた男性で
どちらかといえば、小柄。
表情もやさしく、おとなしいタイプの人がいました。

しかし、彼は実は柔道の有段者。
いざとなると、大きな相手でもコロッとひっくり返し
てしまうほどの、人でした。

その人が、よく言っておられました。
山椒は小粒でもピリリと辛い!

その通りですね。

先日弊社の編み機から異音が発生しました。
決まった位置で、ゴロゴロゴロと音が鳴るのです。
しかも、本生産中です。
納期がないので、機械をバラすわけにもいかず、
機械の前で腕組み。

数時間稼働させましたが、やはり気になるので
社員と一緒に音の一番激しい部分を調査しました。

しかしこれといって原因も分からず、私は用事があったので
その場を少し離れました。

戻ってくると機械は稼働していました。

社員の彼は「直りました」といって首をかしげています。
というのも、原因ははっきりしないものの、取り外した部品の
一部に約1ミリ程度の埃の塊があってそれを取り除いた
とのこと。。。

まさかぁ と思いましたが、結果は異音は解消され
ご機嫌さんで編み機は稼働しています。

山椒は小粒でもピリリと辛い

です。

大風
2010/12/04
社長です。

昨日は、朝の気温は高かったのに
昼前から急に暗くなり始め、やがて強い雷雨と
なりました。

ちょうど私は泉州に出かける途中で阪和自動車道を
走行中でした。車の横揺れと、目の前を横切る沢山の
落ち葉に少し不安になりつつ運転しておりました。

高速を降りても風は強く、どこにこんなにたくさんあったのか
落ち葉が舞いあがっていました。
また、通り道々にある竹林の竹が大きくしなっていました。

春であれば、落ち葉の代わりに桜の花びらだろうに・・

帰りにはもうすっかり雨は止み、陽が差していました。
どうして雨の後の陽の光はあんなに眩しいのでしょうか?

少し気分もリフレッシュできたような気がします。

12月
2010/12/01
社長です。

早いものでもう年末。
クリスマス、年賀状、忘年会、年越しそば・・・
私の誕生日も今月です。
ガラにもなくロマンチックなクリスマスイブ生まれ。

だから、子供のころからクリスマスプレゼントというものを
もらったことは一度もありません。
友達は、クリスマスプレゼントやサンタさんに馴染みが
あったようですが、私は何をどう間違えていたのか、
サンタさんとキリストさまを混同していました。

ところで、来年になれば一月には、パリで生地の展示会に
出展することになりました。
今年の年末年始は、生地作りに追われそうです・・・

その一環ですが、先日自分的にはとても素敵な生地が
できました。
見たこともないようなワクワクする生地です。
いろいろと応用もできそうで、あまり考えすぎると
正直眠ることすらできません。

こういう生地ができると、ビジネスとかではなく
単純にあまりいろんな人には見せたくなくなります。
せめて、社員のみんなや、懇意にしているお客様や
わざわざ弊社に来て素材を探しに来られた方にしか
見せれません。

見せないとどうしようもないのですが、
あまりにも一目ぼれしてしまって、箱入りにしてしまい
ます。

恐らく見せるのがもったいないのではなく、人に見せた
時の反応が安っぽいものになるのが嫌だからだと思います。

困ったもんだと思ったりします。