東亜ニット株式会社
〒580-0041
大阪府松原市三宅東1-9-10
TEL:072-331-1131
FAX:072-332-1471
お問い合わせ
ニュース
アーカイブ
2010/7月 スタッフブログ
工具箱
2010/07/25
社長です。

東亜ニットでは、編み機調整などの工具は
各個人個人が持っています。
通常工場などでは、工具類は一括して決められた
場所に置いておくのですが、個人で購入したものや
使い勝手などで、簡単な工具は個人で持っています。

私の工具もあります。
工具箱は東亜ニットに入社した時に会社から
貸与されたものですので、かれこれ15年程前
の工具箱です。

当時中身は、プラスとマイナスのドライバと六角
レンチ4本とスパナ4本しかありませんでした。

工具コレクターではないのですが、15年という
月日で工具箱もパンパン。

中には1年に1度も使わないようなものもあります。

しかし、工具箱を持って現場をウロチョロしていても
結局、足りない工具が出てきて、別の工具箱や
会社の工具置き場から借りてくることもよくあります。

最近の編み地は、パソコン上で編み組織や、編み
データーを組むのが殆どですが、それだけでなく
やはり、手を使って工具を使って調整することが
不可欠です。


うつりかわり
2010/07/18
社長です。

7/16~17の2日間で東亜ニットにある編み機
を12台処分しました。

処分した編み機の殆どは、30~40年前の編み機で
業界用語でいう「ゲンコツのメリヤス機」です。

東亜ニットでは、このゲンコツの機械を使っていたのは、
5年ほど前まででした。
価格が合わないとか、破たんなどにより得意先が減ったり
専門の職人さんの高齢化などの諸問題で、稼働を停止
しました。

現在の日本の状況がそのまま表れているような気がします。
デフレ。不景気。生産の空洞化。高齢化。

ただし、それはあくまでも一側面です。
東亜ニットにしても、撤退する部分があれば、侵攻する部分
があります。
私たちの先祖や先輩が長年続けてきた、メリヤス肌着の
編み立てからは、撤退しました。そして、諸先輩が種を蒔いて
くれた、電子柄編機を駆使した、両面選針技術等に集中して
攻めていくことになりました。


多くの先輩と編み機に感謝します。







タコや選挙
2010/07/13
社長です。

ワールドカップも無事終わりました。
スペインおめでとう。
私も学生時代、第二外国語でスペイン語を
選択していたので、やや身近に感じます。
おめでとうってなんて言うんだっけ。。。
Animo!!とかかな?
残念ながら、通常2年で修了する予定の
第二外国語を4年もみっちりやったのですが、
忘れてしまいました。

それにしても、タコ君はすごいですね。
8戦の試合をすべて的中させたわけですから。
引き分けがなかったことも、彼にとっては幸運でした
でしょうが。いやはや、何かその手のチカラを
持っているのかもしれませんね。

そうこうしているうちに、無事に選挙も終わりました。
もちろん投票に行きました。

ただ、いつも投票の後は何かやわらかい後悔をします。

以上でした。

ピカピカ
2010/07/09

寺尾です。
先日、お客様から、さくらんぼが届きました。
見ているだけでも、幸せな気分になれますが
ほんとにキレイで、とっても甘くて
みんなで美味しく頂きました。

社長のバタバタとは関係なく
もっと早くにアップしたかったのですが
不精で遅くなってしまいました。
あんまりにも光っていたので、思わずパチリ!
ごちそうさまでした。




泣きっ面に蜂
2010/07/09
社長です。

タイトルのように、昨日は正にそんな感じでした。

生産が遅れていた商品があり、糸も不足気味。
糸を手配して、朝一から生産を開始しようと思って
いましたが、荷物の入荷が遅れて、糸が入ってきたのが
昼前。
それでも、段取りしていざ機械を稼働させようとするも
編み機がアラームを出して動かない。
こんな状況でも、通常ならなんとかして、アラームを
クリアできるのですが、今回は良く調べるとなんと
信号線の断線でした。

なんとか応急処置して、とりあえず稼働開始。
しかし、ほぼ爆弾を抱えているような状況ですが。。

これで、納期に追いつこうと思い、昨日から深夜勤務
に入ることになり、とりあえず夕方帰宅。

が、会社から電話があり、なんとこんどは別の機械で
アラームが出て直らないとのこと。。。

いろいろ調べてもらうとこちらも、信号ラインの断線でした。

とにかく、焦らずということで仮眠をとってから夜中会社に
出社。問題の断線も取り敢えず応急処置をして無事稼働
しました。

ほんと、一日に違う機械で同じようなトラブルなんて
あるもんなんですね。

現場は今は平和です。

種まき
2010/07/07
社長です。

昨日、JETRO主催の欧州向けテキスタイルの商談会に
参加してきました。
イタリア、フランスの大手メゾンのバイヤーが来られて
参加サプライヤーのブースで商談を行うというものでした。

この形式の商談会、弊社は3回目の参加となりました。
輸出を始めてはや、4年目。こうした機関の催し物に助けて
もらいながら、地道に販路を拡大しています。

今回の商談会では、知っているバイヤーさんが2名おられて
「やぁ!久しぶり」みたいで、やや親近感が湧いてきました。

そんな中、ちょっとした失敗。
バイヤーさん「Oh! How are you?」
私「How do you do...」
言いながらも、「あ~ I fine thank you.And you?だ!」なんて
思いつつ開き直り「Fine Fine!!」とごまかしました。

ヨーロッパは今、ユーロが非常に不安定。ここがピンチなのか
チャンスなのか?
ぐだぐだ考えずに、あとで後悔しないためにも
まずは種まきせねば。




時事
2010/07/02
社長です。

最近大手企業で社内共通語を英語にする企業が
ぼちぼち出ていますね。
ビジネスとそれを支える人材もグローバルでないと
いけないという考え方は良く理解できます。

しかし、だからと言ってそこかな?と思います。

ところで、共通語と言えば、エスペラント語というのが
ありました。最近は殆ど聞かなくなりましたが。

言葉は伝統と文化、感性、地域性、気候風土など
により発展を続けていて、人間の知識の凝縮された
ものです。毎日何か喋っていますが、いつの間に
こんなにたくさんの言葉を覚えたのだろう。。。

そして、どうして最近新しい言葉を覚えられないと
思い込んでいるのだろう。
「イオンエンジン」や「ブブゼラ」なんて言葉は内容を
知ったとたんに覚えてしまいましたが。。。。

「ブブゼラ」と言えばワールドカップ。
各国の代表選手には、他の国から帰化した人も多い
ですよね。
言葉や人種が違っても、その国の代表であることに
誇りを持ち、責任感と使命感をもっています。

だから、カッコイイし特徴があると思います。