東亜ニット株式会社
〒580-0041
大阪府松原市三宅東1-9-10
TEL:072-331-1131
FAX:072-332-1471
お問い合わせ
ニュース
アーカイブ
2010/3月 スタッフブログ
丸編み
2010/03/30
社長です。
今日は体調がよくありません。
たまにはこんなこともあります。

ところで、丸編みの編み方というのは、
必ず一本の糸が、横方向に端から端まで
通らないといけません。これは、丸編みの
決まりです。
もちろん、編む時の話であって、バックカット
などの加工をすることにより、端から端まで
一本の糸が通っていないことはあります。

バックカットせず、横編みのインターシャのような
表現ができればいいなと、いつも思います。

もともとは、生産の効率を重視する方向に進化し
ていった丸編みの編み手法が、様々に多様化して
高効率から、ファッション性を追求したものまで
広がっています。
ここまで、編機の種類が増えたのも、一つ一つ
のお客様からの要望があったからでしょう。

現在では、様々な業種で「お客様一人一人の要望に
合ったプランを云々・・」というセールストークを耳に
しますが、それは、あくまで標準化された多くのプラン
の組み合わせによって、一見万人の要望に合わせ
ることが、(ほぼ)できるわけです。

私たちのものづくりも、それぞれのお客様の要望に
合うようにと考えてますが、ちょっとした制約や決まり
事で、お客様の要望に100%合わせるということが
非常に難しいことだと思います。

私が以前に勤めていた会社でも、当時の上長が
「当たり前なことを当たり前にする難しさを勉強しなさい」
と言ってました。まだまだ修行が足りません。

高楊枝
2010/03/26

社長です。
本日付のニュースで海外にある日本の百貨店の撤退が
報じられていました。
最近よく百貨店の閉店について報じられます。
結局、売り場が少なくなる訳ですから、販売量、発注量が
減り、同じことがサプライヤーに対しても起こります。
最終的に高コストになってくるので、生産コストの安い
製造方法を模索します。

コストを合わせるだけのために低コストを追求することで
求められる低価格のものを提供したところで。。。
と、思ってしまいます。
かといって、武士は食わねど高楊枝とまでは言って
られません。

世界的に見れば、価値は様々です。
幸い今はインターネットや国際貨物の発達により、遠い
国もそれ程遠くなくなりました。
作り出す製品の価値は、まだまだ未知数です。
意思と可能性があるならば、可能なことも未知数です。

世間の大きな変化に気を取られて、実はその世間より
もっと大きな動きがあることに気が付かないまま、様々な
可能性を見失わないように心がけたいものです。


2010/03/16
社長です。
編み工場の現場にいると、いろいろな音が聞こえます。
擬音語では書けないような、複雑な音です。
でも、ずっと現場にいると、何かのアラームでどの機械
が停止したのかとか、機械が冷えている状態だったり
様々なことが音で分かるようになります。

メロディーにもならない無機質な音ですが、私たちに
とってみれば、快調に稼働しているかどうか?を判断
するための重要な判断材料となります。

もし、私に絶対音感があれば、あっ、シ♭だから油切れだ
とか、ドとド♯だから快調だとか表現できるのにと思ったり
します。

生地づくりには、味覚以外の感覚を使っている訳です。

徒然に
2010/03/10
こんにちは。寺尾です。
春春♪・・・と先日 喜んでいたら
またまた冬の気温に逆戻り。めっちゃ寒いですよね。
ほんと身に応えます。

こんな寒い雨の中、大阪に新しくできた話題のファッションビルには
オープン初日過ぎてもまだ、行列してお客さんが待っているとか
不景気だと言われているのに、不景気だから?なのか。
かくいう私も、一度行ってみたい。とは思っているのですが
もっと普通に入れる頃に・・・。
マスコミ、メディアの影響大なファッション業界。
私たちも目指すところを見失わないように
皆で良いものを創っていきたい。と思う今日この頃です。



手紙
2010/03/09
社長です。
先日、父が祖父に宛てて書いた手紙を見つけました。
平成8年から約1年の間、毎日だったり、ひと月ごとだったり
でしたが、100通以上はありそうでした。

父も祖父もすでに故人であるので、心の中で断ってから
読んでみました。
もう10年以上前のことですが、私の記憶にも残っている
出来事が沢山書いてありました。
当時、父が何を思い、なぜこんなに頻繁に祖父に手紙を
書いていたのか?思いを巡らせては見たものの見当が
つきません。。。

それはともかく、筆不精を理由に最近では年賀状ですら
自分では書いていなかった事を反省しました。
今年は、暑中見舞いを住所も挨拶も自筆で書いてみよう
と思います。

ワインづくり
2010/03/02

社長です。

3月になり、お店では春物が一斉に売り出されています。
一気に売り場の雰囲気が軽くなったように思います。

今、生地の生産現場は、10春夏と10-11秋冬の見本
及び海外向け本生産の時期です。

そして、企画は11年春夏の生地企画です。
11年も天然繊維中心になっています。

先日ミラノに行った際、イタリア在住の日本人の方から
こんな話を聞きました。
「イタリアのワイン作りの職人さんは、よく『ワインは樽や
ボトルで作られるのではない。全ては農場で作られる』
ということを仰るんですよ」と
確かに、ボトルに入れて、「何年もののワイン」と言っても
実際には、その何年という年にできたブドウの出来がよく
て美味しいという意味なんでしょうね。

ワインについては、赤、白、ロゼしか分からない私ですが、
飲んでみて食事に合うワインだったり、飲んだ後頭が痛く
なったりするワインだったりという違いがあるのは分かります。

今、私たちが生産に使用している天然繊維も、農場で採れた
綿や毛を使っている訳です。

もっと前工程を知らないと!と思います。